返済は月毎に解決する

財布を手にする女性一般的に消費者金融の返済は月単位に行われますが、これはつまりその月に返せないと利息がもっと増えますよと言うことを意味しています。
借金をしたその月以外に二度と借入れをしないと言うのであれば問題は無いですが、ほとんどは継続的に融資を受ける方ばかりなのでその月の融資はその月にすべて返済すると言うのが基本です。
これは月単位であれば元本額や利息の把握や計算も非常にシンプルで、債務に対する意識が比較的高いままを維持できるからでしょう。

しかし、融資が複数月に跨った場合はどうでしょう?
元本は累積され、利息も複利にてどんどん高くなります。これが更に数か月に渡る場合になりますと把握がより困難になって行くことは明白でして、本来その月で返すべき額よりも高い金額が長期間にわたって適用されて行きます。

これにより、消費者金融における返済は出来るだけ先延ばしにしないと言うことが原則でして、収入が多く入るとその月にすべて完済するような気持ちを持つことが重要です。
それでも非常に多くの借入者はあたかも現金がずっと当たり前にあるような認識を持つようになり、返済そのものを気にしなくなる罠にハマりやすくなるのでくれぐれも注意が必要でしょう。


関連する記事
`